みずほ銀行カードローンのデメリット

みずほ銀行カードローンにデメリットはほぼありません。これは過剰な表現ではなく、同じようにカードローンを提供している他社と比較してもそのデメリットはほとんどありません。

あえて挙げるとすると、みずほ銀行カードローンの金利は低い部類なことは間違いありませんが、数ある金融会社の中でもトップを争うほどに低金利でカードローンを提供している会社に比べると、金利が高いことが言えます。それでも上限金利は14.0%であり、下限金利は4.0%なので、この金利を見て高過ぎるという人は本当に選ぶべき金融会社が数社に限られてきます。

また、申し込みの内容から利用条件などを比較しても万人にとって申し込みやすい銀行であることは間違いなく、トータル的にみると本当に利用しやすいカードローンです。どうしてもデメリットを見出したい人は他社とみずほ銀行カードローンを徹底比較してみると良いです。逆にメリットが本当にわかります。

みずほ銀行カードローンのメリット

みずほ銀行カードローンのメリット、これは挙げるときりがありません。

まず、申し込みの条件から審査までを簡単に説明すると、条件はそれほど厳しいわけではなく誰でも申し込みやすい銀行であり、銀行カードローンなのに専業主婦も可能となっています。次に金利と限度額について説明すると、これはカードローン業界の中では最高峰と言ってよい内容です。最大1000万、金利は4.0%から14.0%、この内容を見るだけでもメリットは十分にわかります。

申込条件に関しては無担保無保証が原則の限度額次第では身分証明のみで可能、本当にメリットが高いです。このメリットを理解できない人は上記のような内容を他社で比較してみましょう。一発で意味が分かります。使い勝手についてもインターネット対応が可能、コンビニ可能となっているので申し分ないです。繰り上げ返済もリボ払いも活用できますし、非常にバランスが良いカードローンです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事