みずほ銀行カードローンの審査基準

みずほ銀行カードローンの審査基準はどのくらいの設定になっているのかは知る術がありません。

必要書類に関する情報などを見る限りはそれほど合格することが難しい会社ではないことは推測できます。

基本的にどんなカードローンでも、大まかに重要なポイントを挙げると信用と返済能力の2点が挙げられます。

後者についてはみずほ銀行カードローンは借入希望額によって身分証明だけでも申し込みが可能となっているので覚えておきたいものです。

前者の信用については一度審査を受けてみなければ結果は本当にわかりません。他社で延滞した経験がある場合、これは信用が落ちている可能性がありますが、それでもみずほ銀行カードローンを利用できる可能性は十分にあります。どのくらいの信用があるのかがポイントなので、自分だけの判断で決めずに信用が落ちている可能性があっても一度審査にトライして、審査の結果を待ってみるのがおすすめです。

延滞の信用低下と債務整理

金融機関における信用低下の要因は2つあります。

1つは延滞で、もう1つは債務整理です。

後者の債務整理を行ったことがある人は数年ほどずっと信用が低下した状態になるので、このケースの場合はみずほ銀行カードローンへ申し込んでも合格を狙うことは少し厳しいです。

このデメリットを覆せるほどの返済能力が欲しいところです。

前者の延滞に関しては、これはいろんなケースがあります。例えば、返済日を1日過ぎたのか、1週間過ぎたのか、または1か月なのか、期間によって信用の低下には違いが出てきます。目安としては過去に数日ほど遅れたことがあるという程度なら何も心配する必要がありません。注意すべき人は何か月も何度も遅延行為を繰り返した経験がある人です。

この場合は大きく信用を落としている可能性があるので、合格を狙うことは難しいと言えます。信用が落ちている状況でも申し込みは可能なので一度実践を試してみるのが早いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事