住宅ローンがあると審査は厳しくなる

みずほ銀行カードローンへ申し込む時に住宅ローンを組んでいる人はそれを申告して申し込むことになります。

この場合、住宅のためにローンを組んでいない人に比べるとやはり不利な状況となります。

住宅というのはとても高額な値段であり、それだけ大きなローンを組んでいることが多いですが、みずほ銀行カードローンの審査を受けるときに大きなローンがあることで、返済能力が低く見られてしまうからです。これによって現在の収入状況次第ではみずほ銀行カードローンの審査に通ることが難しくなることがあるので覚えておきましょう。不利になることを避けるために嘘の申告をして申し込んでも、それは必ずばれてしまうので、必ず正しい申告から申込をするようにしましょう。

住宅ローンを組んでいても、しっかりと返済能力が認められるならみずほ銀行カードローンを利用することは可能なので、とにかく一度申込をして審査を受けてみると良いです。

他社のカードローンも影響することを知っておこう

みずほ銀行カードローンへの申込時に住宅ローンを持っていると、それが少なからず審査に影響してくるわけですが、これ以外にも他社でキャッシングやカードローンを持っている場合にそれらが影響してくることを覚えておきましょう。

簡単に説明すると、みずほ銀行カードローンを利用するためには返済能力が必要であり、借金を持っている状況というのはすでに返済をしなければならない状況なので、これからみずほ銀行カードローンを使って返済することを考えると、しっかりと返済出来るかどうかは判断が難しくなることがあるということです。

当然ながら、借金を持っている人と持っていない人であれば、収入にもよりますが借金が全くない人の方が返済をしっかりと行いやすくなります。少しでもみずほ銀行カードローンの審査に合格したいのであれば、他の借金を返済してから申し込むのが良いです。また、少しでも金額を減らしておけば合格率は高くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事